国家と自由・再論

樋口陽一, 森英樹, 高見勝利, 辻村みよ子, 長谷部恭男 編著

[目次]

  • 学説の「一貫」と「転換」-「学説と環境」再論
  • 憲法解釈学における「論議の蓄積志向」-『憲法上の権利』への招待
  • "デモスの国民国家"とアイデンティティー-フランスの場合
  • 政治的憲法論の歴史的条件-現代イギリス憲法学における立憲主義と民主主義・再訪
  • 法心理学の一側面
  • ロールズ『正義論』におけるOP曲線の意味
  • 国家の軍事機能の「民営化」と民間軍事会社
  • 「思想・良心の自由」と「信教の自由」-判例法理の比較検討から
  • 社会的排除の構造と形式的平等論の新たな理論的可能性
  • リプロダクティヴ・ライツと国家の関与
  • パリテ・再論
  • 比較の中の三段階審査・比例原則
  • 合憲限定解釈と適用違憲
  • 裁判官の良心・採訪
  • 政治機構とテクストの余白-「巧妙な体制の変更」をめぐって
  • 行政権民主化論の諸相
  • 市民社会・国家・政党のトライアド-「カルテル政党」と「ベンチャー企業型政党」の出現
  • 「憲法と政党」採訪

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国家と自由・再論
著作者等 森 英樹
樋口 陽一
辻村 みよ子
長谷部 恭男
高見 勝利
書名ヨミ コッカ ト ジユウ サイロン
出版元 日本評論社
刊行年月 2012.3
ページ数 382p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-535-51857-5
NCID BB08701316
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22073864
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想