シーベルトとベクレル : 人と業績

山崎岐男 著

放射線量の単位になったシーベルトとベクレル、その業績と人間像に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ロルフ・マクシミリアン・シーベルト(シーベルトの生い立ち
  • 学生時代
  • Radiumhemmet時代
  • 人間シーベルト
  • 戦前の国際舞台での活躍
  • 戦後のICRPにおける活動
  • 新しい国際放射線防護機関構想
  • 原子力事故対策
  • シーベルト単位の誕生
  • ロルフ・シーベルトの略歴)
  • アントワーヌ・アンリ・ベクレル(研究の発端
  • ベクレル家の人びと
  • 新しい発見
  • ノーベル物理学賞
  • キュリー単位からベクレル単位へ
  • アントワーヌ。アンリ・ベクレルの略歴)
  • 基準となる単位-放射線SI単位への道程(メートル法の誕生
  • 国際単位系の成立
  • 放射線の従来の単位
  • 放射線分野でのSI組立単位)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シーベルトとベクレル : 人と業績
著作者等 山崎 岐男
書名ヨミ シーベルト ト ベクレル : ヒト ト ギョウセキ
書名別名 Shiberuto to bekureru
出版元 サポート大樹舎
刊行年月 2012.3
ページ数 113p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-905400-01-1
NCID BB08698583
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22091711
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想