医療事故と裁判

谷口郁雄 著

[目次]

  • 第1章 医療事故における過失の推定(医療過誤訴訟の動向
  • 医療過誤訴訟における法律構成
  • 過失の「一応の推定」
  • ドイツにおける「表見証明」
  • 英米におけるres ipsa loquitur原則
  • 訴訟上の証明と自然科学的証明-ルンバール事件
  • 現代型訴訟としての医療過誤訴訟)
  • 第2章 作為型と不作為型医療過誤訴訟の差異(不作為型医療事故における因果関係-肝がん事件
  • 注意義務違反とその判断基準-輸血梅毒事件
  • 医学水準-未熟児網膜症事件
  • 最高裁が示した医療水準-未熟児網膜症
  • 割り箸事件-民事と刑事の判決の差異
  • 損害賠償
  • 因果関係の推定-新潟水俣事件
  • 英米におけるネグリジェンス)
  • まとめ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 医療事故と裁判
著作者等 谷口 郁雄
書名ヨミ イリョウ ジコ ト サイバン
書名別名 Iryo jiko to saiban
出版元 日本評論社
刊行年月 2012.3
ページ数 159p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-535-51885-8
NCID BB08694039
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22071989
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想