京大医学部の最先端授業!「合理的思考」の教科書

中山健夫 著

ヨウ素を飲めば放射能が消える?公共事業は税金のムダ遣い?ものが売れないのは不況のせい?「効果が2倍」は夢の新薬?…「根拠にあたる」思考の習慣。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 イメージで物事を判断していませんか?(それはただのイメージ、思い込みだった!?
  • 知らぬ間に「思考停止」していませんか?
  • 「合理的に考える」習慣を身につけよう
  • 「経験」はときに先入観のもとになる
  • メディア情報は2割引きで受けとめよう
  • いつも「正解」があるとはかぎらない)
  • 第2章 それは本当に、正しい根拠?(「その根拠は?」と問う習慣を
  • 「もっともらしいこと」ほど疑おう
  • あらゆる情報には「バイアス」がある
  • リスクや損失は過大評価しがち
  • 「自分に都合の良いこと」を信じたくなる
  • 「みんな」って、「何人中何人」のこと?
  • 迷ったときは「比べて」みよう
  • 「誰が言ったか」で情報の意味は変わる
  • ネットの情報はどこまで信用できる?
  • 役立つ情報を見極める5つのポイント)
  • 第3章 その数字の読み解き方、間違っています!(数字はときどきウソをつく
  • 必ず「分母」を意識しよう
  • 「見かけの分母」に要注意!
  • 「効果が2倍」に潜むトリック
  • それは相対値、それとも絶対値?
  • 「死亡リスクが半減」の中身は…
  • 絶対値だと10%の減少に過ぎない
  • 「○%」は具体的な数字に置き換えてみる
  • ややこしい数字は「2×2表」で整理しよう)
  • 第4章 「原因と結果」のねじれ(「真の原因」を見極めるために
  • 「運動する人ほど風邪をひかない」は本当?
  • それは因果関係ではなく相関関係です!
  • 原因は「オンリーワン」とはかぎらない
  • 原因の「遠い・近い」
  • 「良い問い」をどうやって立てる?
  • 売り上げは伸びているのに、なぜ赤字?
  • 「証拠がないこと」は「ないことの証拠」ではない)
  • 第5章 納得できる結論にたどり着くために(「完ペキな答え」がなければ動けない?
  • どんな物事にもリスクとベネフィットがある
  • 降水確率が何%なら傘をもっていく?
  • 「直勘」はどこまであてになる?
  • 「目的の明確化」が合理的な判断を導く)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 京大医学部の最先端授業!「合理的思考」の教科書
著作者等 中山 健夫
書名ヨミ キョウダイ イガクブ ノ サイセンタン ジュギョウ ゴウリテキ シコウ ノ キョウカショ
出版元 すばる舎
刊行年月 2012.2
ページ数 215p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7991-0105-6
NCID BB08693284
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22059252
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想