「二重国籍」詩人野口米次郎

堀まどか 著

"沈黙"の言葉を英語でつづり日本文化の紹介や諸芸術の融合を試みながら、「戦時メガフォン」として文学史から消された詩人の生涯・思想・作品を、初めてトータルに明らかにした知的伝記。志はなぜ挫折しなければならなかったのか。東西の文化翻訳への志-「世界詩人」ヨネ・ノグチの生涯。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 出発期-様々な"東と西"、混沌からの出現(渡米まで
  • アメリカ西部で培われた詩人の精神
  • The American Diary of a Japanese Girlと、境界者としての原点 ほか)
  • 第2部 東西詩学の探究と融合-"象徴主義"という名のパンドラの箱(日本の象徴主義移入期と芭蕉再評価
  • 帰国後の英文執筆一九〇四‐一九一四年
  • 一九一四年の英国講演とその反響 ほか)
  • 第3部 "二重国籍"性をめぐって-境界者としての立場と祖国日本への忠誠(境界に生きる-野口の複雑さ
  • インドへ-国際文化交流と国際政治の狭間で
  • ラジオと刊行書籍に見る"戦争詩" ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「二重国籍」詩人野口米次郎
著作者等 堀 まどか
書名ヨミ ニジュウ コクセキ シジン ノグチ ヨネジロウ
書名別名 Niju kokuseki shijin noguchi yonejiro
出版元 名古屋大学出版会
刊行年月 2012.2
ページ数 565, 14p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8158-0697-2
NCID BB0868483X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22069781
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想