弘法大師と邪馬台国の金毘羅さん

大森秀樹 著

現役のパイロットが『魏志倭人伝』の旅程記事を見て飛行すると何処に着陸するか-。航法と神仏習合の観点から倭国の謎に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 邪馬台国への船出(邪馬って変な馬?
  • 南行(南下)は、下り方向
  • 楽浪海は瀬戸内海
  • 末盧国はハブ-陸行で近隣国へ、遠方には水行で)
  • 第2部 卑弥呼の「鬼道」(カルチャーの語源はカルト
  • 倭迹迹日百襲姫命と崇神天皇の「神々の祭祀」
  • 漢委奴国王
  • 箱浦荒神社
  • 神武の磐余
  • 東照大権現)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 弘法大師と邪馬台国の金毘羅さん
著作者等 大森 秀樹
書名ヨミ コウボウ ダイシ ト ヤマタイコク ノ コンピラサン
出版元 東方
刊行年月 2012.3
ページ数 212p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86249-195-4
NCID BB08658793
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22078101
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想