日本証券史論 : 戦前期市場制度の形成と発展

小林和子 著

[目次]

  • 日本証券史研究の試み
  • 第1部 戦前期証券関係法制(戦前期証券法制の対象と効力-取引法・業者法
  • 戦前期証券法制の対象と効力-証券法)
  • 第2部 株式取引所(明治初期の株式取引所設立出願
  • 証券取引所-日本における制度論と歴史
  • 戦前期外地および海外日系証券取引所の概観-国内取引所設立抑制政策との関連
  • 戦前期の上場関係規定
  • 戦前期市場における株価維持機関)
  • 第3部 証券業者・証券業務(戦前期証券業者の形成と証券業務の発展
  • 公社債業者団体の形成と戦時金融統制
  • 戦時投資信託の誕生)
  • 第4部 日本証券取引所の創立と活動(日本証券取引所の創立
  • 日本証券取引所の活動
  • 日本証券取引所の歴史的評価)
  • 第5部 公社債銘柄統計に見る市場の変遷(『全国公債社債明細表』と公社債発行市場(明治・大正期
  • 昭和期))
  • 戦後証券史への展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本証券史論 : 戦前期市場制度の形成と発展
著作者等 小林 和子
書名ヨミ ニホン ショウケンシ ロン : センゼンキ シジョウ セイド ノ ケイセイ ト ハッテン
書名別名 Nihon shokenshi ron
出版元 日本経済評論社
刊行年月 2012.3
ページ数 481p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8188-2200-9
NCID BB08648574
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22070921
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想