ローカルボクサーと貧困世界 : マニラのボクシングジムにみる身体文化

石岡丈昇 著

貧困のなか、砂粒のように暮らす若者たちがスポットライトを浴び、リングで戦う。今を生き抜くため、彼らは国際的なボクシングマーケットに組み込まれながら日常の小さな実践を積み重ねる。その身体に刻まれた生き方をジムでの住み込み調査から克明に描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ローカルボクサー世界から
  • 第1章 ローカルボクサーの身体文化への方法的接近
  • 第2章 ボクシングジムの空間構成
  • 第3章 ボクサーになる-集団競技としてのボクシング
  • 第4章 ボクシングマーケットの構造-敗者の生産の仕組み
  • 第5章 互酬性の中のボクサー身体-引退ボクサーの日常
  • 終章 裸一貫のリアリティへ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ローカルボクサーと貧困世界 : マニラのボクシングジムにみる身体文化
著作者等 石岡 丈昇
書名ヨミ ローカル ボクサー ト ヒンコン セカイ : マニラ ノ ボクシング ジム ニ ミル シンタイ ブンカ
出版元 世界思想社
刊行年月 2012.2
ページ数 344p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7907-1558-0
NCID BB08632701
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22102636
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想