日本語学講座  第5巻 (『節用集』研究入門)

今野真二 著

江戸期から脈々と続けられてきた『節用集』研究はどのような径庭を経て、どのような到達に今あるのか。その軌跡と今後の課題を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 『節用集』とはどのような辞書か(『下学集』がどのようにとりこまれているか
  • 見出し項目について ほか)
  • 第1章 『節用集』の諸本(諸本の概観
  • 「一覧表」の補足 ほか)
  • 第2章 『節用集』諸本の系譜的聯関(前提となることがら-一元的な成立
  • 『節用集』の原態 ほか)
  • 第3章 『節用集』にながれこむもの(『節用集』と『色葉字類抄』と
  • 『節用集』と『下学集』と ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本語学講座
著作者等 今野 真二
書名ヨミ ニホンゴガク コウザ
巻冊次 第5巻 (『節用集』研究入門)
出版元 清文堂
刊行年月 2012.4
ページ数 226p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7924-0963-0
NCID BB08607384
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22085809
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想