東アジアの未来 : 安定的発展と日本の役割

一橋大学東アジア政策研究プロジェクト 編

持続的な成長に向けて、何が求められているのか。東アジア諸国がとるべき政策と、日本が果たすべき役割を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 東アジアにおける国際関係のダイナミクスを見る視点-日米中関係を軸に
  • 第2章 東アジアにおける「グローバル・コモンズ」のガバナンス-海洋の秩序形成をめぐる日米中関係の一考察
  • 第3章 成長の質をどう確保するか
  • 第4章 頑健な地域通貨協力に向けて
  • 第5章 東南アジア金融システムの転換と我が国の民間金融部門の役割
  • 第6章 東アジアにおける製品開発と人材マネジメント-日本・韓国・中国企業の比較から考える
  • 第7章 アジアの長い二〇世紀
  • 第8章 日本と朝鮮の歴史認識
  • 第9章 東アジアの安定と文化政策
  • 第10章 東アジアの安定した発展と日本の役割-グローバル化・成長の質・ガバナンス
  • 終章 東アジアの未来に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジアの未来 : 安定的発展と日本の役割
著作者等 一橋大学国際共同研究センター
一橋大学東アジア政策研究プロジェクト
書名ヨミ ヒガシアジア ノ ミライ : アンテイテキ ハッテン ト ニホン ノ ヤクワリ
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2012.3
ページ数 305p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-492-44388-0
NCID BB08583887
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22063378
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想