労働経済学入門 = Introduction to Labour Economics

太田聰一, 橘木俊詔 著

就職氷河期の再来、非正規雇用の増大。「不安の多い時代」に、人々の働きがいを高め、暮らしの安定を図るための道筋を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 労働経済学への招待(人が働くということ-労働経済学への招待
  • 賃金と雇用の決まり方
  • データでみる日本の労働市場)
  • 第2部 労働経済学の基本問題(なぜ人によって賃金は違うのか
  • 「学び」と「訓練」
  • 人が会社をやめるとき)
  • 第3部 誰もが安心して働ける社会をめざして(高失業の経済学
  • 女性を働きやすくする
  • 若者を働きやすくする
  • 高齢者を働きやすくする
  • 労働経済学の意義)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 労働経済学入門 = Introduction to Labour Economics
著作者等 太田 聰一
橘木 俊詔
書名ヨミ ロウドウ ケイザイガク ニュウモン
書名別名 Introduction to Labour Economics

Rodo keizaigaku nyumon
出版元 有斐閣
刊行年月 2012.2
版表示 新版.
ページ数 230p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-641-16393-5
NCID BB08538667
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22056218
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想