自己を超えて

ポール・スタンディッシュ [著] ; 齋藤直子 訳

「自己を超えて」他者への受容性と慎み深さの生の地平を切り開く。ウィトゲンシュタインとハイデガーとの接点たる「言語の限界」の思想から、レヴィナスの他者の思想へ、カペル、エマソンの自己超越の思想へと展開する哲学的対話。「他者を志向する/別の仕方での教育」の可能性を拓く実践哲学の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 序論
  • 第2章 言語のザラザラした大地
  • 第3章 意味と神話
  • 第4章 自己を超えて
  • 第5章 自律性を超えて
  • 第6章 受容性と言語の限界
  • 第7章 ハイデガーにとって本質的なものとは:語られていないものの詩学
  • 第8章 平等に先立つ倫理:レヴィナスに続く道徳教育
  • 第9章 より高等な教育のエコノミーに向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自己を超えて
著作者等 Standish, Paul
齋藤 直子
スタンディッシュ ポール
書名ヨミ ジコ オ コエテ : ウィトゲンシュタイン ハイデガー レヴィナス ト ゲンゴ ノ ゲンカイ
書名別名 Beyond the self

ウィトゲンシュタイン、ハイデガー、レヴィナスと言語の限界

Jiko o koete
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 972
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2012.3
ページ数 606, 37p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-00972-3
NCID BB08517543
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22090081
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想