ヒュームの一般的観点 = HUME'S GENERAL POINTS OF VIEW : 人間に固有の自然と道徳

矢嶋直規 著

習慣に基づく道徳判断の原理である「一般的観点」。この概念を軸に、ヒュームの知識論と道徳論のパラレルな関係を解明し、ヒュームの主著を一貫した道徳理論として精緻に解釈する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「人間に固有の自然」と道徳
  • 1 人間に固有の自然(抽象観念と習慣-「一般的観点」の認識論的基礎
  • 空間・時間論の意義
  • 因果論と規範の生成
  • 「外的物体論」の道徳哲学的意義)
  • 2 公共的秩序と道徳(シンパシーと情念の公共的知覚
  • 一般的観点とスミスの公平な観察者
  • ホッブズとロックにおける正義の認識論的基礎
  • 正義と一般的観点
  • 「道徳の理由」-「狡猾な悪人」をめぐって
  • 契約と政府への忠誠)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒュームの一般的観点 = HUME'S GENERAL POINTS OF VIEW : 人間に固有の自然と道徳
著作者等 矢嶋 直規
書名ヨミ ヒューム ノ イッパンテキ カンテン : ニンゲン ニ コユウ ノ シゼン ト ドウトク
書名別名 HUME'S GENERAL POINTS OF VIEW
出版元 勁草書房
刊行年月 2012.2
ページ数 359, 33p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-326-10214-3
NCID BB08516664
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22056235
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想