ミクロ経済学入門 = MICRO economics

麻生良文 著

ミクロ経済理論の基礎を丁寧に学びながら、経済学の考え方を身につける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ミクロ経済学入門(経済学入門
  • 消費者余剰と生産者余剰
  • 需要曲線と供給曲線
  • 部分均衡分析の応用)
  • 第2部 消費者行動の理論(効用関数と予算制約
  • 消費者行動の理論
  • 需要関数の性質)
  • 第3部 生産者行動の理論(生産関数と費用関数
  • 生産物の供給
  • 費用関数と生産要素の需要)
  • 第4部 市場メカニズムの機能とその限界(市場均衡の効率性
  • 独占と不完全競争
  • 不確実性
  • 市場の失敗
  • 所得分配
  • 再分配政策)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ミクロ経済学入門 = MICRO economics
著作者等 麻生 良文
書名ヨミ ミクロ ケイザイガク ニュウモン
書名別名 MICRO economics
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2012.2
ページ数 411p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-06200-3
NCID BB08467208
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22054737
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想