建築の大転換

伊東豊雄, 中沢新一 著

3・11後の建築は、ここからはじまる。自然と敵対しない建築とは?10万年スパンでみた人の営みとは?最前線で生きる2人が、建築と日本の未来を説き尽くす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 地域と公共性の大転換(建築の公共性をあらためて考える
  • 復興「都市計画」への違和感を乗り越える
  • 被災者がつくる「みんなの家」を手伝って ほか)
  • 第2章 人と自然の大転換(「伊東豊雄の建築」を中沢新一と考える
  • 自然と人間をわけない建築
  • 縄文のこころと建築 ほか)
  • 第3章 エネルギーと建築の大転換(エネルギーの存在論を考える
  • 原子力は生態圏外のエネルギー
  • 太陽が降り注ぐ「贈与(ギフト)」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 建築の大転換
著作者等 中沢 新一
伊東 豊雄
書名ヨミ ケンチク ノ ダイテンカン
書名別名 Kenchiku no daitenkan
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.2
ページ数 277p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-480-86076-7
NCID BB08462099
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22083039
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想