環境技術で働く

藤井久子 著

地球環境への影響を少なくするための技術は、アイデアと工夫で新しく生み出されています。自然現象や植物から、効率よくエネルギーを取り出したり、より少ない消費電力で使える機器をつくったり、有害物質をより少なくして、環境への負荷を減らしたり。前例にとらわれない発想で、持続可能な未来を実現する環境技術の仕事を見てみましょう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 地球環境に貢献する技術者たち(環境技術とはなんだろう?
  • お仕事拝見1 太陽光発電技術者 太陽光で世界のエネルギーを安全なものに変えたい-山川晶子さん・シャープ株式会社ソーラーシステム事業本部
  • お仕事拝見2 風力発電技術者 新技術で世界の洋上へ。風車はアイデア次第で変わる!-関誠太さん・三菱重工業株式会社原動機事業本部風車事業部
  • 再生可能エネルギーの世界 自然界からエネルギーを得るさまざまな方法を知っておこう
  • 再生可能エネルギーの仕事 利用を拡大するためにはコストを減らすことなどが課題
  • お仕事拝見3 燃料電池技術者 家庭用燃料電池で地球環境に貢献したい-西山拓雄さん・株式会社ENEOSセルテック横浜開発センター
  • 燃料電池・水素エネルギーの世界 燃料電池から見えてくる水素社会実現の可能性
  • 環境技術の歴史 地球環境問題への意識の高まりから技術が生まれた)
  • 2章 まだまだある環境技術の仕事(お仕事拝見4 バイオ燃料技術者 捨てられていた植物繊維からエタノール燃料を取り出す-大野克博さん・三井造船株式会社技術本部千葉技術開発センター
  • バイオマス利用・生物工学の環境技術の世界-利用されていなかった有機物が貴重な資源に変身
  • お仕事拝見5 LED照明技術者 消費電力を大幅に減らすLED照明で環境に貢献-三浦正義さん・岩崎電気株式会社照明部LED企画開発課
  • 省エネルギー環境技術の世界 エネルギー消費をいかに効率化するかが課題
  • お仕事拝見6 振動力発電技術者 「振動力」という新たなエネルギー源からの発電-速水浩平さん・株式会社音力発電代表取締役社長
  • ベンチャー系環境技術の世界 大企業とは異なる視点の発想にチャンスは大いにある
  • まだまだある環境技術の分野 リサイクル、廃棄物処理、環境エンジニアリングなど)
  • 3章 なるにはコース(適性と心構え-未知の世界へのチャレンジ精神と一般の社会人としての能力
  • 何を学んでおくか-工学系を中心に幅広い分野を
  • 就職の実際-大企業だけではなく中堅・中小企業もある
  • 収入と生活-企業では技術者も会社員 ベンチャーなら社長とさまざま
  • 環境技術の将来-今後も増える世界のエネルギー消費 循環型社会の実現へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境技術で働く
著作者等 藤井 久子
書名ヨミ カンキョウ ギジュツ デ ハタラク
書名別名 Kankyo gijutsu de hataraku
シリーズ名 なるにはbooks 補巻 11
出版元 ぺりかん社
刊行年月 2012.2
ページ数 174p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8315-1309-0
NCID BB08461405
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22033184
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想