愛とユーモアの社会運動論

渡邊太 著

圧倒的な資本主義体制下で、私たちはどう生き延びていけるのか?不安定化する現代の労働環境を概観し、資本の運動と労働の変容について考察したうえで、世界各地の抵抗運動の諸相からその戦略としてのユーモアに注目。筆者自らの社会的実践も挙げつつ、誰もがただ生きていることを肯定できる新たな公共空間の創造を提案する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 資本主義(疲弊する労働環境
  • 資本主義のしくみ
  • 後期資本主義)
  • 第2部 対抗(フリーター闘争
  • 抵抗の空間
  • 社会運動のユーモア)
  • 第3部 実験(カフェと文化の実践
  • 社会のオルタナティヴ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 愛とユーモアの社会運動論
著作者等 渡邊 太
書名ヨミ アイ ト ユーモア ノ シャカイ ウンドウ ロン : マッキ シホン シュギ オ イキル タメニ
書名別名 末期資本主義を生きるために

Ai to yumoa no shakai undo ron
出版元 北大路書房
刊行年月 2012.2
ページ数 224p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7628-2772-3
NCID BB08458105
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22057487
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想