『マルタの鷹』講義

諏訪部浩一 著

なぜ『マルタの鷹』はハードボイルド小説の原点にして極北であるのか-ファム・ファタール、探偵小説史、戦争と死の消費、モダニスト・アンダーステートメント、偶然と不条理、アメリカ的イノセンス、都市と警察、ファルスといったキーワードを足がかりとして、不朽の名作に新たな光を当てる。『マルタの鷹』本文への詳細な語注を巻末に付す。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 『マルタの鷹』講義
著作者等 諏訪部 浩一
書名ヨミ マルタ ノ タカ コウギ
書名別名 Maruta no taka kogi
シリーズ名 マルタの鷹
出版元 研究社
刊行年月 2012.3
ページ数 380p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-327-37731-1
NCID BB08451740
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22056982
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想