記録・沖縄「集団自決」裁判

岩波書店 編

二〇〇五年夏、突然始まったこの裁判は、二〇一一年春、被告である大江健三郎氏と岩波書店の勝訴で幕を閉じた。裁判は、住民に「自決を命じていない」と主張する座間味島の元戦隊長らを原告とする名誉毀損の民事訴訟だが、その実際は、沖縄戦における住民の集団死を「殉国」美談とするか否かをめぐる争いであった。本書は、その裁判記録であるとともに、歴史修正主義に対する闘いの記録でもある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 沖縄「集団自決」裁判勝訴の意味(五年間の裁判を闘って
  • 歴史修正主義者たちとの闘い
  • 表現の自由をめぐって
  • 「沖縄戦」の本質と裁判
  • 裁判を通じて見えてきたもの)
  • 2 裁判の経過・争点・判決・立証活動等(訴えの内容
  • 訴訟の経過
  • 主な争点と裁判所の判断
  • 主張立証活動-自決命令の真実性・真実相当性
  • 本件訴訟の意義 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 記録・沖縄「集団自決」裁判
著作者等 坂本 昇
外間 守善
大江 健三郎
大田 昌秀
奥平 康弘
小牧 薫
岩波書店
村上 有慶
松井 茂記
目取真 俊
石原 昌家
秋山 幹男
秋山 淳
謝花 直美
近藤 卓史
高橋 哲哉
書名ヨミ キロク オキナワ シュウダン ジケツ サイバン
書名別名 Kiroku okinawa shudan jiketsu saiban
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.2
ページ数 363p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-022590-8
NCID BB08444789
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22066641
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想