中国近世の福建人 : 士大夫と出版人

中砂明徳 著

「朱子学の原郷」にして出版文化の中心を抱え、科挙で驚異的な成功を収めながら中央の政治とは縁遠く、海外の世界へと開かれた「異域」の個性。中国官僚社会でのふるまいと歴史教科書の出版を焦点に、その歴史的境位と文化の質を見定める。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 福建士大夫と官僚社会(劉後村と南宋士人社会
  • 明末の〓(びん)人)
  • 第2部 歴史教科書と福建人(教科書の埃をはたく-『資治通鑑綱目』再考
  • 不肖の孝子-『少微通鑑』
  • 『通鑑』のインブリード-「綱鑑」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中国近世の福建人 : 士大夫と出版人
著作者等 中砂 明徳
書名ヨミ チュウゴク キンセイ ノ フッケンジン : シタイフ ト シュッパンジン
出版元 名古屋大学出版会
刊行年月 2012.2
ページ数 567, 17p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8158-0689-7
NCID BB08421590
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22062743
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想