「裸」の文化史

フィリップ・カー=ゴム 著 ; 中島由華 訳

なぜ裸になるのか。裸にはどんな意味があるのか。信仰と魔術、権力と隷属、反抗と抗議、羞恥心と破廉恥、自由と解放…「宗教・政治・文化」から読み解く興味深い一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ バラダ王の鏡
  • 第1章 天空の衣-魔女術とドルイド教
  • 第2章 ジェラム川とヨルダン川のほとり-ジャイナ教からキリスト教へ
  • 第3章 裸の反抗
  • 第4章 イギリス首相は隠しごとをしない
  • 第5章 消える羞恥心
  • 第6章 英雄の帰還
  • エピローグ 奇妙な満足感

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「裸」の文化史
著作者等 Carr-Gomm, Philip
中島 由華
Carr‐Gomm Philip
カー=ゴム フィリップ
書名ヨミ ハダカ ノ ブンカシ
書名別名 A brief history of nakedness
出版元 河出書房新社
刊行年月 2012.2
ページ数 321p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-309-22564-7
NCID BB08391263
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22056009
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想