野村純一著作集  第6巻 (伝説とその伝播者)

野村純一 著 ; 野村純一著作集編集委員会 編

山の民、水辺の生活から生まれた語り。伝説に照射された人々の姿、神への畏敬を追究する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1篇 伝説とは何か(伝説研究の歴史
  • 生きた言葉の復権求めて-『日本伝説大系』の刊行に寄せて ほか)
  • 第2篇 漂泊民の伝説(書評・紹介-臼田甚五郎著『川物語』
  • 蜘蛛説話成立の背景 ほか)
  • 第3篇 職能者の伝説(「竹伐爺」の伝播者
  • 山の鷹匠 ほか)
  • 第4篇 神々と伝説(民間説話-地方伝承にみる日本神話の影
  • 民俗学からみた神社 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 野村純一著作集
著作者等 野村 純一
野村純一著作集編集委員会
書名ヨミ ノムラ ジュンイチ チョサクシュウ
巻冊次 第6巻 (伝説とその伝播者)
出版元 清文堂
刊行年月 2012.2
ページ数 402p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7924-0708-7
NCID BB08365274
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22085807
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「山姥と桶屋」の素姓 野村 純一
「産神問答」と六部 野村 純一
「長者の大主」の問題 野村 純一
一眼一脚神の消息 野村 純一
伝説とは何か 伝説研究の歴史 野村 純一
俊寛の骨を持って諸国をめぐる複数の有王たち 野村 純一
口承文芸の神 野村 純一
各地をめぐる一代の英傑源為朝の伝説装置 野村 純一
喜界島の民間説話にみる「神観念」 野村 純一
天女の話 野村 純一
山ぐらしの人々 野村 純一
山の鷹匠 野村 純一
山村の昔話とその伝播者 野村 純一
巨人三吉伝説の消長 野村 純一
平家伝説とは何か 野村 純一
弁慶伝説とは何か 野村 純一
惟喬親王ノート 野村 純一
木地屋文書の周辺 野村 純一
柳田翁と「杜」の思想 野村 純一
椿は何故「春の木」か 野村 純一
民俗学からみた神社 野村 純一
海尊・清悦・八百比丘尼 野村 純一
漂泊民の伝説 書評・紹介 野村 純一
生きた言葉の復権求めて 野村 純一
田村の千代姫の家 野村 純一
祝福のモノガタリ 野村 純一
神々と伝説 民間説話 野村 純一
禁忌 野村 純一
職能者の伝説 「竹伐爺」の伝播者 野村 純一
菅原道真がしゃぶって育ったという「坂口の飴」 野村 純一
藜の杖と椿の油 野村 純一
蜘蛛説話成立の背景 野村 純一
解説 神聖な旅人の足跡 大島建彦
解説(『ふるさとの伝説』第五巻「名人・奇人」) 野村 純一
解説(『ふるさとの伝説』第六巻「高僧・長者」) 野村 純一
解説-「タイシ」伝説の担い手- 野村 純一
解説-「子育て幽霊」と胎児分離習俗- 野村 純一
解説・民話と伝説 野村 純一
解題 旅と伝説と人生 内藤浩誉
食制の禁忌 野村 純一
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想