児童虐待の防止 = Acting Against Child Abuse 「in Japan」 : 児童と家庭, 児童相談所と家庭裁判所

町野朔, 岩瀬徹 編

時代と世代を超えた深刻な問題として、我々の目の前に横たわり続けている児童虐待。事前の予防から、介入、事後措置までを見通した、包括的な防止システムの構築を目指し、民事・刑事の法学者や関連分野の研究者、現場を深く知る実務者が協働して取り組んだ総合的研究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 児童虐待防止の法政策
  • 第2章 児童福祉法・児童虐待防止法の展開
  • 第3章 児童虐待と親権
  • 第4章 家庭裁判所と児童虐待
  • 第5章 刑事司法関与のあり方
  • 第6章 被虐待児の治療とケア

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 児童虐待の防止 = Acting Against Child Abuse 「in Japan」 : 児童と家庭, 児童相談所と家庭裁判所
著作者等 岩瀬 徹
町野 朔
書名ヨミ ジドウ ギャクタイ ノ ボウシ : ジドウ ト カテイ ジドウ ソウダンショ ト カテイ サイバンショ
書名別名 Acting Against Child Abuse 「in Japan」
出版元 有斐閣
刊行年月 2012.2
ページ数 363p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-641-13610-6
NCID BB08350550
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22057889
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
「親権の壁」は存在するか 栗原直樹
ある虐待事件を通じてみた児童虐待への法的介入の問題点 岩瀬 徹
児童保護のための連携 奥山眞紀子
児童福祉法・児童虐待防止法の展開 公衆衛生の視点に立つ虐待防止プログラムの実践から 森田ゆり
児童虐待, 配偶者間暴力, 離婚 水野紀子
児童虐待と親権 日本の親権制度と児童の保護 久保野恵美子
児童虐待調査の法制度とその問題点 水留正流
児童虐待防止の法政策 児童虐待防止システムの展開と展望 柑本美和, 岩瀬 徹, 町野 朔
児童虐待防止対策の評価のための基礎的検討 和田一郎
刑事司法関与のあり方 警察と児童相談所 高橋幸成
子どものシェルターの意義と役割 藤田香織, 角南和子
家庭裁判所と児童虐待 家庭裁判所と児童相談所 橋爪幸代
家庭裁判所の指導措置勧告と保護者の援助プログラム受講 野崎薫子
家族再統合と児童保護 西希代子
立法問題としての「児童虐待罪」 岩井宜子, 渡邊一弘
虐待する親の回復と法改正の必要性 森田ゆり
虐待事例の事件化に関して 奥山眞紀子
被害児童の分離措置と家庭裁判所 岩瀬 徹
被虐待児の治療 杉山登志郎, 飛鳥井望
被虐待児の治療とケア 性的虐待児の治療とケア 小西聖子
親権と刑法 東雪見
訪問調査の法的規制 鈴木一郎
配偶者間暴力と児童虐待 柑本美和
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想