宇宙に外側はあるか

松原隆彦 著

なぜ宇宙は存在するのか-。この宇宙は奇妙な謎に満ち溢れている。しかし、現在、人類の宇宙を見る目は大きく開かれつつある。いま、宇宙の何がわかっていて、何がわかっていないのか。宇宙の全体像とは?宇宙の「外側」とは?現代宇宙論のフロンティアへと旅立つ一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 初期の宇宙はどこまで解明されているか(過去の宇宙からのメッセージ
  • 宇宙観測は天然のタイムマシン ほか)
  • 第2章 宇宙の始まりに何が起きたのか(標準宇宙論を超える
  • 物質の起源、いまだわからず ほか)
  • 第3章 宇宙の形はどうなっているのだろうか(宇宙飛行士の行く宇宙は地球のごく近傍
  • 太陽系の大きさとは ほか)
  • 第4章 宇宙を満たす未知なるものと宇宙の未来(宇宙の形と足りないエネルギー
  • 正体不明の物質、ダークマター ほか)
  • 第5章 宇宙に外側はあるか(ブラックホールの向こう側には何があるか
  • ワームホールはタイムマシンになる ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宇宙に外側はあるか
著作者等 松原 隆彦
書名ヨミ ウチュウ ニ ソトガワ ワ アルカ
書名別名 Uchu ni sotogawa wa aruka
シリーズ名 光文社新書 564
出版元 光文社
刊行年月 2012.2
ページ数 258p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03667-6
NCID BB08348843
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22054916
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想