日本の地方財閥30家 : 知られざる経済名門

菊地浩之 著

第九二代総理大臣麻生太郎は、福岡県の財閥、麻生家の御曹司として知られている。島根県出身の年配の方に、「田部家うんぬん」と言うと、「よく知ってるね!」と感心される。それぞれの地方には、地域経済に根ざした、地元では誰もが知る財閥・資産家の家系があるのだ。何代、何十年もその地域の高額資産を誇り、地方経済で無視しえない家系を紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 地域編(甲州財閥(若尾家、根津家)
  • 江州財閥(伊藤忠兵衛家、飯田家)
  • 中京財閥(岡谷家、瀧家、神野家、森村家)
  • 九州財閥(貝島家、麻生家、安川家)
  • 阪神財閥(岩井家、嘉納家、辰馬家、岡崎家、川西家))
  • 第2部 事業編(醤油(茂木家、浜口家、正田家)・酢の部(中埜家)
  • 農林水産の部(田部家、諸戸家、本間家、中部家)
  • 紡績・製糸の部(大原家、片倉家、坂口家)
  • 機械工業の部(島津家、中島家、服部家))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の地方財閥30家 : 知られざる経済名門
著作者等 菊地 浩之
書名ヨミ ニホン ノ チホウ ザイバツ 30ケ : シラレザル ケイザイ メイモン
シリーズ名 平凡社新書 630
出版元 平凡社
刊行年月 2012.2
ページ数 262p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-582-85630-9
NCID BB0834309X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22067543
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想