生きる希望を忘れた若者たち

鈴木弘輝 著

[目次]

  • 序章 社会学と教育現場の往復から考える(「若者の○○離れ」をめぐって
  • 若者を論ずる三つの理由 ほか)
  • 第1章 「虚構」の時代としての現代-一九七〇年代後半を「始まり」とみる(「一九七〇年代後半」から始めることの意味
  • 「団塊ジュニア前後の世代」の思春期 ほか)
  • 第2章 「いまの愛情」の時代としての現代-一九八〇年代後半を「始まり」とみる(一九八〇年代後半における「新しい子ども観」
  • 「生きる力」と新自由主義 ほか)
  • 第3章 「塾講師」の体験からみた現代-"魔のない世界"からの追放/解放(塾講師の体験を論述するためのただし書き
  • 「小六中学受験コース」を担当する心境 ほか)
  • 終章 「不確実な未来、残酷な世界」を生きるために(なぜ「若者へのお説教」が必要か?
  • 「バラ色の未来」の危険性 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生きる希望を忘れた若者たち
著作者等 鈴木 弘輝
書名ヨミ イキル キボウ オ ワスレタ ワカモノタチ
書名別名 Ikiru kibo o wasureta wakamonotachi
シリーズ名 講談社現代新書 2142
出版元 講談社
刊行年月 2012.2
ページ数 227p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288142-5
NCID BB08289518
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22059967
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想