体内時計の謎に迫る : 体をまもる生体のリズム

大塚邦明 著

私たちは、体の中に時計を持つ。時計はいろいろなリズムを刻み、朝・夜、夏・冬など環境変化を予知し、体の機能調節を行う。なぜ心筋梗塞が朝に多いのか。実は時計と病気には深い関係がある。このリズムを制御している時計とは一体どんなものか。体内時計の謎を明らかにしていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 生体リズムとは?
  • 2 時間と医学
  • 3 親時計と子時計とは?
  • 4 時間構造とクロノミクス
  • 5 生体リズムが乱れると生活習慣病になる
  • 6 健康を維持し、病気を防ぐための考え方とその対策

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 体内時計の謎に迫る : 体をまもる生体のリズム
著作者等 大塚 邦明
書名ヨミ タイナイ ドケイ ノ ナゾ ニ セマル : カラダ オ マモル セイタイ ノ リズム
シリーズ名 知りたい!サイエンス
出版元 技術評論社
刊行年月 2012.3
ページ数 255p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7741-4991-2
NCID BB08268540
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22046929
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想