生命には意味がある : どれだけの奇跡の果てに僕らはあるのか

長沼毅 著

私たちは、ホモ・サピエンスからホモ・パックス(平和な人)へ進化する!辺境生物学者、科学界のインディ・ジョーンズが予見する地球と生命の未来。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • まえがき 前に進むための逸脱
  • 第1章 異形の生命は「可能性」を見せてくれる
  • 第2章 極限生物は「時間と空間」を超えていく
  • 第3章 生命は宇宙からやってきた?
  • 第4章 人間はホモ・パックスに進化できるか?
  • 第5章 地球は温暖化のあと寒冷化する?
  • 第6章 宇宙の終わりと生命の永遠
  • あとがき 与えられた命を使い切ってこそ生命

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生命には意味がある : どれだけの奇跡の果てに僕らはあるのか
著作者等 長沼 毅
書名ヨミ セイメイ ニワ イミ ガ アル : ドレダケ ノ キセキ ノ ハテ ニ ボクラ ワ アルノカ
出版元 メディアファクトリー
刊行年月 2012.1
ページ数 205p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8401-4214-4
NCID BB08247642
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22043122
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想