日本の領土問題 : 北方四島、竹島、尖閣諸島

保阪正康, 東郷和彦 著

[目次]

  • まえがき なぜ今、領土問題を考えるのか
  • 第1部 外交交渉から見た領土問題(二十五年間の交渉に敗北した北方領土問題
  • 新しい議論が期待される竹島問題
  • 武力衝突の危険をはらむ尖閣諸島問題)
  • 第2部 対談 領土問題を解決に導く発想と手がかり(領土問題を考える前提
  • 現実的対応が求められる北方領土
  • 日韓共存、交流の道を探る竹島
  • 抑止力と対話が必要な尖閣諸島)
  • あとがき 領土をどう考えるか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の領土問題 : 北方四島、竹島、尖閣諸島
著作者等 保阪 正康
東郷 和彦
書名ヨミ ニホン ノ リョウド モンダイ : ホッポウ 4トウ タケシマ センカク ショトウ
書名別名 Nihon no ryodo mondai
シリーズ名 角川oneテーマ21 A-150
出版元 角川書店 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2012.2
ページ数 239p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-04-110162-9
NCID BB08239983
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22055026
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想