バイオエネルギー大国ブラジルの挑戦

小泉達治 著

ブラジルは長らく国家主導でサトウキビを原料とするバイオエタノールの生産・普及を進めてきた。今では、同国のエネルギー供給の約半分は再生可能エネルギーになっている。これは世界的に見ても珍しい。バイオエタノール・バイオディーゼル・バイオ電力からなる、ブラジルのバイオエネルギー産業は、世界で最も先進的な総合的再生可能エネルギーの供給体制といえる。今後、日本が国内のエネルギー供給において、再生可能エネルギーの比率を高めていく際に、ブラジルから学ぶべき点は多い。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 バイオエネルギーとは
  • 第2章 ブラジルが進めた政策
  • 第3章 ブラジルのバイオエネルギーの将来と食料需給に与える影響
  • 第4章 バイオエネルギーと環境
  • 第5章 ブラジルが進めた政策の意義とバイオエネルギー大国ブラジルの挑戦
  • 第6章 今日本がブラジルのバイオエネルギーから学ぶこと

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バイオエネルギー大国ブラジルの挑戦
著作者等 小泉 達治
書名ヨミ バイオ エネルギー タイコク ブラジル ノ チョウセン
出版元 日本経済新聞出版社
刊行年月 2012.1
ページ数 253p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-532-35503-6
NCID BB0819180X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22051337
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想