革命いまだ成らず : 日中百年の群像  上

譚ロ美 著

明治維新に倣った近代化を夢見て、中国の志士たちは日本を目指した。新証言と発掘資料で書き換えられた驚きの日中史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • あの人のためなら命を捧げてもよい-孫文に心酔した会党の首領
  • 支那のことはわかりません-伊藤博文の漫遊
  • 干からびた食事-光緒帝の幼少時代
  • 纏足をやめよ-康有為の主張と梁啓超の不纏足会
  • 「広州事件」の全貌-孫文の爆破テロ未遂事件
  • ロンドン被難記-孫文のXデー
  • 一生の所期はいかに-南方熊楠との出会い
  • いざ、日本へ-孫文の上陸
  • 国是を定めよ-光緒帝の決意
  • やりすぎです-西太后の逆襲
  • 侠士の同情を謝す-康有為の逃避行
  • 保皇か革命か-康派と孫派の争
  • 清朝を滅亡させよ-義和団事件と勤王の夜
  • 義和団賠償金をむしり取れ-列強の争奪戦
  • 広東を奪取せよ-恵州事件の顛末
  • 「死して悔いなし!」黄興、長沙の義挙

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 革命いまだ成らず : 日中百年の群像
著作者等 譚 璐美
譚 〓美
書名ヨミ カクメイ イマダ ナラズ : ニッチュウ 100ネン ノ グンゾウ
書名別名 Kakumei imada narazu
巻冊次
出版元 新潮社
刊行年月 2012.1
ページ数 318p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-529706-0
NCID BB0819113X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22039731
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想