マンゾーニ家の人々  上

ナタリア・ギンズブルグ 著 ; 須賀敦子 訳

アレッサンドロ・マンゾーニは19世紀イタリアの国民的な詩人であり、作家である。本書は、家族という大河の流れのなかでくりひろげられる貴族の日常生活を、厖大な書簡を通して再構成し、イタリア統一の波乱の時代を生きた、文豪マンゾーニとその家族の生涯を描く。第1部(1762‐1836年)を収録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マンゾーニ家の人々
著作者等 Ginzburg, Natalia
須賀 敦子
ギンズブルグ ナタリア
書名ヨミ マンゾーニケ ノ ヒトビト
書名別名 La famiglia Manzoni

Manzonike no hitobito
シリーズ名 海外小説の誘惑 177
白水Uブックス 177
巻冊次
出版元 白水社
刊行年月 2012.2
ページ数 266p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-560-07177-9
NCID BB08172259
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22046553
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 イタリア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想