現代精神医学の礎  1 (精神医学総論)

松下正明, 影山任佐 編

ピネル、ブローカ、クレッチュマー、グリージンガー、ジャクソン、クレペリン…歴史を築いた精神医学者たちの著名論文を一堂に集めた画期的シリーズ。病名・症候群などで名前は有名ながら、入手困難だった原典の翻訳と解説をテーマ別・年代順に収載。第1巻には「精神医学主要文献年表」も。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 精神的反射作用について-精神疾患の本質瞥見・1843(W.グリージンガー)
  • 神経系の進化と解体・1884(J.H.ジャクソン)
  • 発声器官の筋感幻覚・1889(A.クラマー)
  • Wahnsinnの急性形に関する問題について・1892(S.コルサコフ)
  • 幻覚・1894(J.セグラ)
  • 強迫症と精神衰弱-心理現象の階層的秩序・1903(P.ジャネ)
  • 精神病の症状のなかにみられるフロイト機制・1906(E.ブロイラー)
  • 精神医学における症状群の意義について・1912(A.ホッヘ)
  • 夢意識について 第2部 夢のなかの覚醒意識・1919(L.クラーゲス)
  • 精神病の現象形態・1920(E.クレペリン)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代精神医学の礎
著作者等 影山 任佐
松下 正明
書名ヨミ ゲンダイ セイシン イガク ノ イシズエ
書名別名 Gendai seishin igaku no ishizue
巻冊次 1 (精神医学総論)
出版元 時空
刊行年月 2012.2
ページ数 539p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-88267-045-2
NCID BB08157539
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22043709
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
Wahnsinnの急性形に関する問題について S. コルサコフ, 今泉恭二郎
ミュンヒハウゼン症候群 R. アッシャー, 加藤佳彦, 飯田眞
夢意識について L. クラーゲス, 千谷七郎
幻覚 J. セグラ, 濱田秀伯, 濱田秀伯, 田中寛郷
強迫症と精神衰弱 P. ジャネ, 高橋徹
発声器官の筋感幻覚 A. クラマー, 加藤敏, 加藤敏, 小林聡幸, 小林聡幸
神経系の進化と解体 J.H. ジャクソン, 清水鴻一郎, 船津登, 角南健, 越賀一雄, 越賀一雄
精神医学における症状群の意義について A. ホッヘ, 下坂幸三
精神疾患の構成 K. ビルンバウム, 千谷七郎
精神病の現象形態 E. クレペリン, 臺弘
精神病の症状のなかにみられるフロイト機制 E. ブロイラー, 下坂幸三
精神病理学における人間学的考察方法 H. クンツ, 宮本忠雄, 関忠盛
精神病理学に適用されたベルグソンの思想 E. ミンコフスキー, 越賀一雄
精神的反射作用について W. グリージンガー, 柴田収一
精神自動症と自我分裂 G. ドゥ・クレランボー, 中谷陽二, 高橋徹, 高橋徹
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想