チョムスキー言語基礎論集

ノーム・チョムスキー 著 ; 福井直樹 編訳

思想の源流、そして根本成分は何か。半世紀にわたる思考の推移と発展の過程を烏瞰する他に類を見ない選集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 言語理論の論理構造(1975年)序論
  • 2 統辞理論の諸相(1965年)第1章・方法論序説
  • 3 言語の知識-その本質、起源、および使用(1986年)
  • 4 変換文法-過去、現在、そして未来(1988年)
  • 5 言語と自然(1995年)
  • 6 生物言語学の探究-設計、発達、進化(2007年)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 チョムスキー言語基礎論集
著作者等 Chomsky, Noam
Fukui, Naoki
福井 直樹
チョムスキー ノーム
書名ヨミ チョムスキー ゲンゴ キソ ロンシュウ
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.1
ページ数 444p
大きさ 23cm
ISBN 978-4-00-022787-2
NCID BB08084526
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22052971
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想