天皇陵古墳を考える

白石太一郎 編 ; 今尾文昭, 白石太一郎, 高橋照彦, 森田克行 執筆

最近の考古学と発掘調査により天皇陵の被葬者と問題点が注目されている。箸墓の次の大王墓が西殿塚古墳なら誰の陵墓か?今城塚古墳が真の継体陵なら、現継体陵の被葬者は?学界で見解が分かれる欽明陵はどの古墳か-など。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 箸墓古墳と大市墓
  • 2 西殿塚古墳が提起する問題
  • 3 誉田御廟山古墳(現応神陵)の被葬者
  • 4 継体天皇陵と今城塚古墳
  • 5 欽明陵と敏達陵を考える
  • 6 天武・持統陵(野口王墓古墳)の意義

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天皇陵古墳を考える
著作者等 今尾 文昭
森田 克行
白石 太一郎
高橋 照彦
書名ヨミ テンノウリョウ コフン オ カンガエル
出版元 学生社
刊行年月 2012.1
ページ数 306p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-311-20343-5
NCID BB08075922
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22081514
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想