すごい和食

小泉武夫 著

生活の欧米化に伴い、和食をとることが少なくなってきている。生活習慣病やガンの台頭、さらには若い男性の精子減少、「キレる人たち」の増加なども、それと関連があるのではと著者は指摘する。なぜ和食は良いのだろうか?全世界的な「和食ブーム」が見られるなか、私たち日本人こそが、改めて「和食の持つ魔法の力」を知る必要があるだろう。「食の冒険家」「味覚人飛行物体」など、数々の食にまつわるあだ名をいただき、世界中の食を極めつくした著者が、発酵学・食文化論の専門家としての極めて豊富な経験に基づき、和食の効能について丁寧に紹介する。東北各県の「うまいもの・ひと口コラム」もぜひ味わっていただきたい。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 和食はこんなにすごい!
  • 第2章 和食が持つ魔法の力
  • 第3章 和食の土台骨・発酵食
  • 第4章 和食の危機は国家存亡の危機
  • 第5章 幼き頃の「食体験」を語る(幼少期-大自然の中の「風の子」
  • 研究者になって-「食育」について考える)
  • 第6章 食の世界遺産登録へ(食の世界遺産-海外編
  • 食の世界遺産-日本編)
  • あとがきにかえて-「食」を日本復興の足掛りとして

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 すごい和食
著作者等 小泉 武夫
書名ヨミ スゴイ ワショク
シリーズ名 ベスト新書 350
出版元 ベストセラーズ
刊行年月 2011.11
ページ数 207p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-584-12350-8
NCID BB0806852X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22012635
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想