物理学対話 : 古典力学から量子力学まで

砂川重信 著

古典力学、電磁気学、相対性理論、量子力学。基本となる考え方を対話形式ですべて押さえた一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1回目の対話 古典力学の世界(天体の運動
  • 運動の法則 ほか)
  • 第2回目の対話 電磁気学の世界(遠隔作用と近接作用
  • クーロンの力の果たす役割 ほか)
  • 第3回目の対話 特殊相対性理論の世界(力学とエーテル
  • 電磁気学とエーテル ほか)
  • 第4回目の対話 量子力学の世界(古典物理学と原子の構造
  • 量子論とボーアの原子模型 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物理学対話 : 古典力学から量子力学まで
著作者等 砂川 重信
書名ヨミ ブツリガク タイワ : コテン リキガク カラ リョウシ リキガク マデ
書名別名 新物理学対話
出版元 河出書房新社
刊行年月 2012.1
版表示 復刻新版.
ページ数 218p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-309-25260-5
NCID BB08066138
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22040725
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想