ブロックとコラージュの臨床心理学 : 体験過程と表現特徴

加藤大樹 著

芸術療法の新しい試み。組み合わせて何でも作れるブロックと、切って貼って楽しいコラージュの表現の臨床実証研究。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 文献展望と本書の背景および目的
  • 第2章 高校生の学級における個別コラージュ制作体験-気分変化と表現特徴からの検討
  • 第3章 高校生のコラージュ表現特徴と学級適応・パーソナリティの関連
  • 第4章 ブロック制作体験による気分変容の検討および気分と表現特徴の比較
  • 第5章 性別と経験の観点からのブロック技法における気分変容の比較
  • 第6章 芸術療法の諸技法における体験過程の比較-コラージュ技法・ブロック技法・風景構成法の比較
  • 第7章 総合考察と今後の課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ブロックとコラージュの臨床心理学 : 体験過程と表現特徴
著作者等 加藤 大樹
書名ヨミ ブロック ト コラージュ ノ リンショウ シンリガク : タイケン カテイ ト ヒョウゲン トクチョウ
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2012.1
ページ数 106p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7795-0587-4
NCID BB08057217
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22038083
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想