奇蹟の男

島本敬士 著

平成20年1月、交通事故で瀕死の重傷を負い、かろうじて一命をとりとめたものの全身麻痺となった著者が、NPPV(非侵襲的換気療法)や懸命のリハビリにより、2年6ヵ月後、退院にまでこぎ着ける。本書はその苦闘の日々を、かろうじて残された運動機能(顎にシールを貼り、赤外線でパソコン操作)を駆使してつづった感動の記録である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 突然の明日
  • 第2章 自分との闘い(リハビリそしてNPPVとの出会い
  • 日記)
  • 第3章 妻の闘い
  • 第4章 在宅復帰への最終ステージ(再転院
  • 日記)
  • 第5章 めぐり逢えてよかった

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 奇蹟の男
著作者等 島本 敬士
書名ヨミ キセキ ノ オトコ
出版元 風詠社 : 星雲社
刊行年月 2011.7
ページ数 105p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-434-15872-8
NCID BB08040531
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21970559
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想