検証福島原発事故・記者会見 : 東電・政府は何を隠したのか

日隅一雄, 木野龍逸 著

原発事故後の記者会見で、東電・政府はどのように情報を隠し、深刻な事故を過小評価し、誤った説明を繰り返してきたのか。記者会見に出席し続けた二人の著者が、膨大な取材メモと新たな取材をもとに、正面から検証に挑む。また、マスメディアはなぜ"発表ジャーナリズム"に堕してしまったのか、そのあり方も問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 メルトダウン
  • 2 SPEEDI
  • 3 「想定外」
  • 4 プルトニウム
  • 5 作業員の被曝
  • 6 汚染水、海へ
  • 7 工程表
  • 8 フリージャーナリスト排除
  • 9 低線量被曝
  • 10 何を守ろうとしたのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 検証福島原発事故・記者会見 : 東電・政府は何を隠したのか
著作者等 日隅 一雄
木野 龍逸
書名ヨミ ケンショウ フクシマ ゲンパツ ジコ キシャ カイケン : トウデン セイフ ワ ナニ オ カクシタノカ
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.1
ページ数 205p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-024669-9
NCID BB08025378
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22053791
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想