人と技術で語る天気予報史 : 数値予報を開いた〈金色の鍵〉

古川武彦 著

「天気晴朗ナレドモ浪高し」。時代の背後に響く天気予報の鼓動。コンピュータの発明は予報技術をいかに変えたのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 天気予報の黎明
  • 第2章 岡田武松のロマン
  • 第3章 太平洋戦争の渦
  • 第4章 「正野スクール」
  • 第5章 数値予報の源流
  • 第6章 プリンストン・グループ
  • 第7章 日本初の大型電子計算機
  • 第8章 第1回数値予報国際シンポジューム
  • 第9章 天気野郎の頭脳流出
  • 第10章 21世紀の天気予報

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人と技術で語る天気予報史 : 数値予報を開いた〈金色の鍵〉
著作者等 古川 武彦
書名ヨミ ヒト ト ギジュツ デ カタル テンキ ヨホウシ : スウチ ヨホウ オ ヒライタ キンイロ ノ カギ
書名別名 Hito to gijutsu de kataru tenki yohoshi
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2012.1
ページ数 299p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-13-063709-1
NCID BB08014291
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22111813
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想