変容するシティズンシップ

木前利秋, 亀山俊朗, 時安邦治 編著

市民の資格を問題化する概念として、今やグローバル化時代のキーワードとなった「シティズンシップ」。本書は、その定義と歴史から、個人とコミュニティの関係、市民と外国人の境界、コスモポリタニズムの可能性、シティズンシップ概念の再編まで、グローバル化の進展で変わりつつある市民の権利と義務をめぐる諸問題を明らかにする。私たち「市民」のあり方は、これからどう変わるのか、また、変わりうるのか。ギデンズ、キムリッカ、ベンハビブ、アーレント等、現代の社会理論に照らしながら今日のグローバルなレベルでのシティズンシップを理論的に探求し、「諸権利をもつ権利」として提唱する共同研究の成果。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 今なぜシティズンシップを問うのか(グローバリゼーション
  • 韓流ブームと大久保
  • シティズンシップという視座
  • 女性の「社会進出」と産業的シティズンシップ
  • 本書の内容)
  • 第1章 シティズンシップとそのコミュニティ(シティズンシップの近代史
  • 福祉国家というコミュニティ
  • 新自由主義と「第三の道」の戦略
  • コミュニティ多元化の政治)
  • 第2章 「市民」と「外国人」-コミュニティの境界とシティズンシップ(コミュニティの境界をめぐる二つの構想
  • リベラル・ナショナリズム-キムリッカの構想
  • コスモポリタニズム-ベンハビブの構想
  • 境界の構想とシティズンシップの現状
  • 新たな課題と可能性)
  • 第3章 コスモポリタン・シティズンシップ(コスモポリタン・シティズンシップ-その背景
  • アウトサイダーに権利と義務はあるか-コスモポリタン・シティズンシップ批判
  • 忠誠かアイロニーか-コスモポリタンの徳をめぐって
  • コスモポリタン・シティズンシップへの最初の布石)
  • 第4章 シティズンシップの再編と「諸権利をもつ権利」(「人権」と無国籍者たち
  • 集団的権利・集団別権利・国際的シティズンシップ
  • 「諸権利をもつ権利」をめぐって
  • シティズンシップと民主的反復)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 変容するシティズンシップ
著作者等 亀山 俊朗
時安 邦治
木前 利秋
書名ヨミ ヘンヨウスル シティズンシップ : キョウカイ オ メグル セイジ
書名別名 境界をめぐる政治

Hen'yosuru shitizunshippu
出版元 白澤社 : 現代書館
刊行年月 2011.12
ページ数 189p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7684-7943-8
NCID BB08006748
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22031307
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想