うま味って何だろう

栗原堅三 著

甘・苦・酸・塩につづく五番目の味がうま味だ。コンブのグルタミン酸、カツオブシのイノシン酸、シイタケのグアニル酸はどれも日本人が発見した。赤ちゃんが母乳を好きなわけも、完熟トマトがおいしいわけも、合わせだしがおいしいわけも、うま味のはたらきなのだ。ほかには、どんな食べものに多く含まれているのだろうか?-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 おいしさの要素
  • 2 味を決めているものは?
  • 3 うま味成分の発見
  • 4 うま味の豊富な食品
  • 5 味は栄養物と有害物質を見分けるシグナル
  • 6 うま味が世界で認められた
  • 7 うま味受容体
  • 8 MSGは安全か?
  • 9 世界に広がるうま味と日本食

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 うま味って何だろう
著作者等 栗原 堅三
書名ヨミ ウマミ ッテ ナンダロウ
書名別名 Umami tte nandaro
シリーズ名 IWANAMI JUNIOR PAPERBACKS 704
岩波ジュニア新書 704
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.1
ページ数 172p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-500704-2
NCID BB07996225
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22038847
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想