陸軍登戸研究所と謀略戦 : 科学者たちの戦争

渡辺賢二 著

陸軍登戸研究所関係者が明らかにする謀略戦・秘密戦の実態とは。最新の科学技術を駆使して研究・開発された風船爆弾・スパイ用兵器・偽造紙幣などの兵器。戦争に動員された科学者たちの姿から、戦争と科学の関係を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「謀略の丘」で考える-プロローグ
  • 登戸研究所の誕生(陸軍科学研究所と秘密戦研究
  • 登戸研究所の実態-研究内容と研究体制)
  • 兵器の研究・開発と謀略戦(第一科の活動内容-物理学兵器の研究・開発
  • 第二科の活動内容-生物化学兵器とスパイ用品の研究・開発
  • 第三科の活動内容-経済謀略活動の展開)
  • 登戸研究所と科学者たちの本土決戦と戦後(本土決戦体制と登戸研究所
  • 敗戦と登戸研究所
  • 帝銀事件と登戸研究所)
  • 「負の遺産」としての登戸研究所-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 陸軍登戸研究所と謀略戦 : 科学者たちの戦争
著作者等 渡辺 賢二
書名ヨミ リクグン ノボリト ケンキュウジョ ト ボウリャクセン : カガクシャタチ ノ センソウ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 337
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2012.2
ページ数 206p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05737-0
NCID BB0796539X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22044078
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想