成熟社会の経済学 : 長期不況をどう克服するか

小野善康 著

需要が慢性的に不足して生産力が余り、それが失業を生み続ける現在の日本経済。これまでの経済政策はどこが問題なのか。新しい危機にはいかに対応すべきなのか。新古典派経済学の欺瞞をあばき、ケインズ経済学の限界を打破する、画期的な新しい経済学のススメ。閉塞状況を乗り越え、楽しく安全で豊かな国へと変貌するための処方箋。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 発展途上社会から成熟社会へ(お金をめぐる社会の変遷
  • 成熟社会に足りないもの
  • 混乱する経済政策)
  • 第2章 財政政策の常識を覆す(乗数効果という幻想
  • 雇用創出と税負担
  • 財政支出の使い道)
  • 第3章 金融政策の意義と限界
  • 第4章 成熟社会の危機にどう対応するか(高齢化社会と少子化問題
  • 災害対応
  • 環境・エネルギー政策と市場の創出)
  • 第5章 国際化する経済(内需と為替レート
  • 企業の海外移転と産業保護)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 成熟社会の経済学 : 長期不況をどう克服するか
著作者等 小野 善康
書名ヨミ セイジュク シャカイ ノ ケイザイガク : チョウキ フキョウ オ ドウ コクフクスルカ
書名別名 Seijuku shakai no keizaigaku
シリーズ名 岩波新書 新赤版1348
出版元 岩波書店
刊行年月 2012.1
ページ数 209, 6p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431348-9
NCID BB07958907
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22055865
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想