図説金と銀の文化史 : 大英博物館

スーザン・ラニース, フィリパ・メリマン 著 ; 小川昭子, 八坂ありさ 訳 ; 別宮貞徳 日本語版監修

美しさで人々を魅了するだけでなく、貨幣や交易品、宗教儀礼や富と権力の象徴ともなり、争いや災いの原因にもなる金と銀は、人類の歴史を通じて、功罪相半ばするものであった。遠い時代のさまざまな文化にさかのぼり、人々がこの輝きの中になにを見い出してきたのかを、神話や伝説、史実をひもときながら多角的に紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 金の文化史(事実と幻想
  • 地位と権力
  • 貨幣
  • 金細工師
  • ジュエリーと装飾
  • 金と神々と死
  • 輝くもの)
  • 2 銀の文化史(価値と富
  • 銀と社会的地位
  • 装飾品
  • 銀細工師
  • 象徴的価値
  • 純分検定と検証印、摸造および偽造品
  • 道具と技法)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図説金と銀の文化史 : 大英博物館
著作者等 La Niece, Susan
Merriman, Philippa
八坂 ありさ
別宮 貞徳
小川 昭子
メリマン フィリパ
ラニース スーザン
書名ヨミ ズセツ キン ト ギン ノ ブンカシ : ダイエイ ハクブツカン
書名別名 Gold. [etc.]
出版元 柊風舎
刊行年月 2012.1
ページ数 305, 12p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-903530-55-0
NCID BB0793521X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22114323
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
金の文化史 スーザン・ラニース, 小川 昭子
銀の文化史 フィリパ・メリマン, 八坂 ありさ
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想