僕は考古学に鍛えられた

森浩一 著

小学校五年の時、近くの川で拾った土器のかけらを辞典で調べたら、朝鮮式土器だった-これが森少年と考古学の出逢いである。戦時中から遺跡探訪を続けノートに細かく記録した中学時代。荒れ果てた古墳の緊急発掘や占領軍キャンプ内での調査に追われた体験は、やがて壮大な森・遺跡学へと結実する。考古学の魅力をあますところなくつづった自伝的エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 考古学との出会い
  • 第2部 敗戦直後の考古学
  • 第3部 同志社大学に入ったころ
  • 第4部 黒姫山古墳の発掘と研究会の結成
  • 第5部 『古代学研究』の発行
  • 第6部 青春の総括としての黄金塚の発掘

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 僕は考古学に鍛えられた
著作者等 森 浩一
書名ヨミ ボク ワ コウコガク ニ キタエラレタ
書名別名 Boku wa kokogaku ni kitaerareta
シリーズ名 ちくま文庫 も26-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2012.1
ページ数 260p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42903-2
NCID BB07935151
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22057728
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想