犠牲のシステム福島・沖縄

高橋哲哉 著

福島の原発事故は、原発推進政策に潜む「犠牲」のありかを暴露し、沖縄の普天間基地問題は、日米安保体制における「犠牲」のありかを示した。もはや誰も「知らなかった」とは言えない。沖縄も福島も、中央政治の大問題となり、「国民的」規模で可視化されたのだから-。経済成長や安全保障といった共同体全体の利益のために、誰かを「犠牲」にするシステムは正当化できるのか?福島第一原発事故で警戒区域となった富岡町などで幼少期を過ごした哲学者による、緊急書き下ろし。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 福島(原発という犠牲のシステム
  • 犠牲のシステムとしての原発、再論
  • 原発事故と震災の思想論)
  • 第2部 沖縄(「植民地」としての沖縄
  • 沖縄に照射される福島)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 犠牲のシステム福島・沖縄
著作者等 高橋 哲哉
書名ヨミ ギセイ ノ システム フクシマ オキナワ
シリーズ名 集英社新書 0625C
出版元 集英社
刊行年月 2012.1
ページ数 222p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720625-8
NCID BB07912484
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22039138
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想