子どもが育つ玄米和食 : 高取保育園のいのちの食育

西福江, 高取保育園 著

子どもの好物といえば、お子様ランチに象徴されるような味の濃い食べ物だと思われがち。しかし、それとは対照的に、「こんなしぶい子どもは見たことがない」と大人を驚かせている園児たちがいる。毎日納豆と玄米を食べ、おやつには小魚や大豆、昆布をぽりぽり。甘いジュースを好まず、梅と醤油で味つけした番茶をすする。味噌や梅干し、たくあんなどの発酵食品は園児自らの手作り-。この大人顔負けの「本物志向」をゼロ歳児から教えているのが、福岡にある高取保育園。その食理念と給食メニューを、実践方法と共に紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 乱れる現代の食(壊れた昔ながらの食習慣
  • 間違った食事は健康を蝕む ほか)
  • 第2章 昭和三〇年代の日本食を取り戻す(「昭和三〇年代の食に戻したい」理由
  • マヨネーズ、ソース、ケチャップに慣れさせない ほか)
  • 第3章 身体感覚をよみがえらせる(何歳であっても、自分のことは自分で
  • 半袖、半ズボン、裸足で運動 ほか)
  • 第4章 今日からできる玄米和食生活(玄米を炊くことから始める
  • 混ぜるだけ、かけるだけのレシピから始める ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どもが育つ玄米和食 : 高取保育園のいのちの食育
著作者等 西 福江
高取保育園
書名ヨミ コドモ ガ ソダツ ゲンマイ ワショク : タカトリ ホイクエン ノ イノチ ノ ショクイク
シリーズ名 光文社新書 562
出版元 光文社
刊行年月 2012.1
ページ数 190p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03665-2
NCID BB07911029
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22040001
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想