戦時インフレーション : 昭和12~20年の日本経済

原薫 著

経済政策と経済実態からみた戦時体制の核心。かくて戦争は強行された。日中戦争に始まるアジア・太平洋戦争期の日本経済をインフレ政策に焦点をあてて描き出す-著者の日本インフレーション研究"4部作"がここに完結。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 通貨供給の拡張の制度的諸要因-昭和6(1931)年〜20(1945)年
  • 2章 通貨供給(1)-昭和7(1932)年〜11(1936)年
  • 3章 財政と国債の発行(1)-昭和7(1932)年〜11(1936)年
  • 4章 通貨供給(2)-昭和12(1937)年〜20(1945)年
  • 5章 財政と国債の発行(2)-昭和12(1937)年〜20(1945)年
  • 6章 通貨の動き-昭和12(1937)年〜20(1945)年
  • 7章 物価-昭和12(1937)年〜20(1945)年
  • 8章 戦時期の生産と需給状況および軍需-昭和12(1937)年〜20(1945)年
  • 9章 総括-わが国の戦時インフレーション

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦時インフレーション : 昭和12~20年の日本経済
著作者等 原 薫
書名ヨミ センジ インフレーション : ショウワ 12 20ネン ノ ニホン ケイザイ
書名別名 Senji infureshon
出版元 桜井書店
刊行年月 2011.12
ページ数 564p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-905261-05-6
NCID BB07910627
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22027972
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想